mimi(ミミ)ってどんな出会い系アプリ?

ミミ イメージ画像

まずはmimi(ミミ)がどんな出会い系アプリなのか?という点について説明していきましょう!

mimi(ミミ)はサイバーエージェントグループの「株式会社mimiLab」が運営する出会い系アプリです。東証1部上場企業のサイバーエージェントグループ企業が運営しているという点では安心感がありますね。

現在ではマッチングサービス(出会い系)アプリがたくさん出回っており、大手ではペアーズ・omiai・ゼクシィ恋結び・YYC・ワクワクメールなどが有名ですね。同じサイバーエージェントグループ内でも、タップル誕生・クロスミー・キュンミーなど複数の出会い系アプリがリリースされており、自社グループ内のマッチングサービスを互いに競わせながらサービス向上を目指している模様ですね。

ちなみにタップル誕生に関する攻略記事を載せている面白いサイトがありましたのでチェックオススメ。かなり参考になると思います。

タップル誕生は口コミや評判が良いのでガチ攻略してみた!≫

また、クロスミーは本当に出会えるか検証しているサイトもオススメ。こちらも参考になると思います。

出会い系アプリ「CROSS ME」は本当に出会えるか!?≫

mimi(ミミ)の特徴

さて、それではまずはmimi(ミミ)の特徴について詳しく解説していきます。今は出会い系アプリはかなりたくさん世の中に出回っていますが、mimi(ミミ)は2016年4月にサービススタートした出会い系アプリで比較的後発のマッチングアプリです。

大手の出会い系がさまざまな特色を持ちサービスを競い合うなか、mimi(ミミ)はどんな特色を持っているのでしょうか?!

mimi(ミミ)のキャッチコピーは「- 好きな顔、みつけた -」

ミミ キャッチコピー イメージ画像

mimi(ミミ)のキャッチコピーは「- 好きな顔、みつけた -」です。このキャッチコピーからもわかる通り、他の出会い系アプリにはないmimi(ミミ)の最大の特徴といえば「好きな顔」でマッチング相手を探せるという点でしょう。

mimi(ミミ)の顔検索機能

mimi(ミミ)ではマッチング相手を検索する際に年齢や居住地などを入力できるのは他の出会い系アプリと同じですが、一番の特徴としては「好みの顔パーツ」を入力し検索することができる点。

ミミ 顔検索機能イメージ画像

他の出会い系アプリでは、年齢や居住地などの条件からある程度マッチング相手を選ぶことはできますが、好みの顔を指定して検索することができるという点はmimi(ミミ)が他の出会い系サービスと差別化を図るために独自に取り入れた特徴と言えるでしょう。

なお、mimi(ミミ)は顔検索することができるのが最大の特徴ですが、mimi(ミミ)に登録した際に自分の顔のパーツを自ら分類することはありません。おそらく顔写真を登録した際に人工知能(AI)的なプログラムによって自動的に分類されるのだと思います。たぶん、人の目で分類しているのではないと思います。そこまでの人件費はかけられないでしょう。

ここで気になるのはmimi(ミミ)の顔検索機能の精度ですよね?好みの顔パーツを入力してどれくらい正確に自分の好みの顔の人が検索されるんでしょうか。

これ、実際に個人的に好みの顔パーツを入力して検索してみたんですけど、ハッキリ言ってそれほど好みの顔の方は出てきませんでした…orz

mimi(ミミ)が自動的に顔のパーツを分類しているので、その分類機能のプログラムがそれほどアタマが良くないという点ももちろんあるのでしょうけど、一番はmimi(ミミ)を利用しているユーザー数の問題があると思います。

と、いうのもまぁそれは当然の話であってまず好みの顔の異性がmimi(ミミ)に登録していない限りは当然ながら出てきません。冒頭でも述べている通り、mimi(ミミ)は2016年4月にリリースされたばかりで、出会い系アプリのなかでは新参者といえるアプリ。ユーザー数はペアーズ・omiai・YYCなどに比べるとまだまだ少ないのが実情でしょう。

顔検索機能が活きてくるのはユーザー数で、それらのアプリと対等に渡り合えるようになるまではそれほど活用できないかもしれません。

ちなみに顔検索機能の中でもっとも精度が高いなと思ったのが「アヒル口」ですね。アヒル口で検索するとこんな方々がでてきました。一部モザイクにしておきますね。

アヒル口 イメージ③ アヒル口 イメージ② アヒル口 イメージ①

これはなかなかの精度と言えるかも?!でも上記の方々は顔検索の条件を「アヒル口」のみ入力して出てきた方々で、他の条件を組み合わせるとほとんど条件に合致する方がでてきません。たぶんこれもユーザー数が少ないのが原因。「誰もいませんでした」って表示させちゃうとユーザー数が少ないのがバレバレなので、条件に多少合わない人でも表示させるしかないのでしょう。

顔検索機能は「すごく特徴のある顔」の方を抽出するには良い機能かもしれませんが、ハッキリいって現状ではそこまで実用的な機能ではないと思います。

そもそも顔検索機能って必要?!

そもそもの話になっちゃいますが、好みの顔パーツを指定する機能にそれほど利用価値があるとは思えません。

確かに最初は「顔検索機能って画期的だなぁ」と思いましたが、実際に自分で好みの顔パーツを選んでいる時に「パッチリ二重も好きだし、たれ目もカワイイなぁ。ん、別に奥二重でもいいし、切れ長の目もキレイだよなぁ」といろんな異性をみてみたいと思ってしまいました。

中には「俺はパッチリ二重の人じゃないと絶対に好きにならない!」と思っている人もいるかもしれませんが、それほど自分のタイプをしっかり持っている人って稀なんじゃないでしょうか。

例えば、自分の好みのタイプを聞かれた時には「安室奈美恵さん」や「石原さとみさん」や「篠塚愛さん」と答えることが多いんですが、この3人って全然別のタイプですよねw

自分の好みって自分でもあんまり把握しきれていないって人って多いと思いますし、「切れ長の目に団子鼻のパーツの人ってはたして可愛いんだろうか?」と疑問に思うこともありました。

そもそも出会い系アプリを使う理由ってたくさんの色々なタイプの人と出会えることだと思う部分もあります。顔のパーツを選んでマッチング相手を選ぶというのはマッチングする相手の幅を狭めるだけで別にそこまでメリットはないような気がしちゃっています。

マッチング相手を選べる機能としては「スレンダー体型」「ぽっちゃり体型」などを選べる機能があれば十分なのではないか?と個人的には思っちゃいました。

mimi(ミミ)は使いにくい?

ハッキリ言ってmimi(ミミ)は使いやすい出会い系アプリとは言えないと思います。と、いうのもmimi(ミミ)は大きく分けて絞り込み検索(ルックス検索)とリスト検索という二つの検索方法があるのですが、絞り込み検索で一人ずつ異性を「いいね!」か「イマイチ」に振り分ける時は一番金額的に安いアプローチである「いいね!」ができるんですが、リスト検索をした時にはなぜか「いいね!」ができず「とってもいいね!」か「ラブレター」しかできません。

なぜこんな仕様にしたんでしょうかね…。リスト検索のほうが圧倒的に効率的に多くの異性をチェックできるんですが「とってもいいね!」しかできないとなると、ポイント数の減りが尋常じゃないです。

また絞り込み検索で一人ずつ異性をチェックする際も「いいね!」の時に1ポイント消費するのはいいんですが、「イマイチ」に振り分けた時にもポイントを消費する点は少し釈然としませんね(怒)まぁ、これは他の出会い系アプリでもほぼ同じシステムなので、mimi(ミミ)に限った話ではありませんけど。

個人的にはmimi(ミミ)は使い勝手がいいアプリという印象はありません。特にリスト検索を上手に活用したいので、とってもいいね!しかできないところは改善してほしい点ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする